海老原たかさとのブログ

銀座、勝どき、晴海に新交通(高速輸送システムBRT)~今朝の朝刊より


おはようございます。
本日の日本経済新聞の朝刊に、
《東京都は、専用レーンをつくり、連節バスにて、環状2号線沿いを中心に銀座、勝どき、晴海、台場をつなぐ新交通の運行を2019年度内にはじめる方針です。理由は、臨海部での住宅の開発が相次いでいるので、新たな交通(高速輸送システムは、通常のバスに比べて、大量、定時の輸送が可能)が必要と判断したからです。
また、事業者の応募要件は、燃料電池バスなど新技術を導入することです。》
という、趣旨の記事が掲載されていました。

このBRTを昭和通り(神田佐久間町~新橋)に延伸(地下のアンダーパスを拡充)して、昭和通りに架かる首都高を撤去すれば、景観、観光、首都高の代替交通、沿線の町の活性化としてもいいのではないしょうか。