海老原たかさとのブログ

第1回中央区オリンピック・パラリンピック区民協議会


皆様おはようございます!海老原たかさとです。

 先日12月17日に、区役所8Fで中央区オリンピック・パラリンピック区民協議会の第一回の会合が開かれました。私の一般質問の中(一般質問~内容編その2)でも触れましたが、今後の中央区の産業や観光の振興に関わってくる協議会であり、傍聴してきましたので、そのときの大筋をお伝えしようと思います。

 はじめに、協議会に先立つ2015年3月には、「2020年に向けた中央区の取組」がまとめられ、スポーツ、国際教育・交流、観光・文化、防犯・防災、まちづくりの5つの分野で、①2020年に向けた取組の方向性②大会開催時の中央区の姿③大会後のレガシーという時系列でそれぞれ取組が示され、「誰もが憧れるまち」を実現していくことになっていました。

 それを受けて、今回の本協議会の開催となりました。そして中央区では、大会の理念を「平和」と位置付け、スポーツ推進、平和の尊さを訴えるさまざまな取り組みを推進するため、本協議会が設立されました。
 関係者間の情報共有及び連絡調整の強化、地域の自主的な取組の促進等を本協議会を通じて行うことで、区の魅力発信、地域活性化の機会とするとして、こうした理念や目的を規約の形にして、了承されました。そして、役員が選任され、座長に山本?人中央区体育協会会長、副座長に陣内秀信中央区文化振興プロデュースチーム座長が、それぞれ就きました。

 因みに、オリンピック競技大会は、2020(平成32)年7月24日~8月9日
パラリンピック競技大会は、2020(平成32)年8月25日~9月6日の期間、開催されます。
 また、世界で初めて2回目のパラリンピックが開かれます。

 区民や在勤者など個人の質問に対応する窓口の有無とその周知の方法について協議会の出席者から質問がありました。ホームページや区のお知らせなどを通じて、広く意見を募りたい。窓口には、オリンピック・パラリンピック調整担当課に、との回答がありました。

 次回の本協議会は、リオ大会の前あたりに開かれるようです(原則公開ですので、開催の際には、案内があるかと思います。) 

 本日の協議会では、大会の理念を「平和」と捉えること、区の魅力発信、地域活性化につなげるために、関係者間の情報共有及び連絡調整の強化、地域の自主的な取組の促進等を協議会を通じて行うこと、この2点が強調されていました。これから各部会などを通じて、これらが具現化されていかなければならないと感じました。平和の第一歩である日本、東京、中央区の魅力のひとつである安心・安全を中央区としても如何に担保していくのか、急速に増える観光客と彼らを受け入れる区民やまちの準備(ホテルの整備、文化や生活習慣の違い、感染症やテロ・犯罪等への対策など)をスピード感を持ってすすめていかなければならないと強く感じた会合となりました。

最後に、当日配られた資料より、
151224
会場:中央区役所8F
対象:区内在住、在勤、在学者
定員:80名(先着順)
費用:無料
申込:電話または区のホームページの電子申請から申し込む

今日も頑張ります!皆様も素晴らしい一日をお過ごしください!