海老原たかさとのブログ

まちのなかでの活動交々


皆様おはようございます。海老原たかさとです。

160213a
 毎月のはじめ地元椙森神社の社殿に集まり、宮司に祝詞を奏上してもらいます。「おめでとうございます!」の声と共に御神酒を頂き、その月が始まります。月拝です。2月1日も普段通り行われました。朝の清しいなかで、町の大先輩たちと一緒に新たな一か月を迎えられるのは幸せなことです。

160213b
 1月30日には、日本橋二之部地区委員会のスポーツを通した親睦、ボウリング大会に参加しました。非常に残念なこともありましたが、笑いと賑やかさとで地区委員の活動をより円滑に、そして活力あるものにする充実した企画になりました。もっとも、私は笑顔もこわばるほどの「下手っぴ」でありました。

160213c
 1月29日には、室町一丁目仲街区のこれからを考える会に出席しました。当該街区を細やかに分析して、その特徴をあぶり出す。そして、これから向かう道をみんなで考える、とても地に足のついた素晴らしい取り組みです。
 駅の出口や横断歩道の位置ひとつで人を呼び込む流れが変わる、味わいある路地を活かすことにどういった意義があり、また残すことに工夫が必要か、一方で町並みと生活との相克など、様々な価値観の共存はたまた統合など、考えさせられました。
 そして、町の様々な方たち、年齢、性別、在勤・在住、幅広く豊な集まりであることが議論を奥行きあるものにしていると感じました。様々な層の多くの人たちに参加してもらう必要性を痛感しました。
 これが面となって、日本橋全体に広がるよう私も出来ることをしていきます。

 仕舞いまでお読み頂き、ありがとうございました。

今日も頑張ります!皆様も素晴らしい一日をお過ごしください!