海老原たかさとのブログ

平成28年度予算~予算特別委員会の審議⑥民生費その3「認証保育所保育料の補助」


ポイント
・認証への補助、認可との差額1万円以上から5千円、1千円に。

皆様こんばんは!海老原たかさとです。

 本日は、予算特別委員会で行った民生費の質疑について取り上げます(前回分はこちらからどうぞ)
 160818c
 認証保育所保育料の補助とは、認証保育所に子供を預けている保護者に対して、施設に支払う保育料の一部を認可保育所保育料との差額に応じて補助することにより、保護書の経済的負担の軽減を図るという趣旨です。1億8151万1千円の予算が計上されています。

 補助額は、「1万円以上の差額」に応じて、月額1万円から5万円です。

 Q.そこで、「1万円以上の差額」について、もう少しきめ細やかな対応ができませんか。
 A.当初の補助額は2万円程度から始まり、現在は1万円以上の差額に1万円単位での補助という形です。それを、5千円や1千円という単位で区分すると、その分補助額が上がっていきます。一方、認証から認可の流れがあり、補助の金額自体減少していく傾向もあるので、諸々考慮して、十分検討していきます。(答弁は、子育て支援課長)

 比較的、前向きな答弁を頂いたと感じています。認可保育所へ入れず、認証保育所へ子どもを預けている保護書の方の経済的負担を軽減するとともに、公平感を補完するためにも必要な施策だと思います。

仕舞いまでお読み頂き、ありがとうございました。

明日も頑張ります!皆様も素晴らしい夜をお過ごしください!