海老原たかさとのブログ

平成28年度上半期中央区政を振り返って。


ポイント
・予算、基本構想審議会、築地市場移転、開発計画。

皆様おはようございます!海老原たかさとです。
151225
 夏が終わったかなとぼんやりしてたら、あっという間に、9月も残すところあと2日となっておりました。そこで、4月から始まった平成28年度の折り返し地点ということで、中央区政の平成28年度上半期を振り返ってみたいと思います。

中央区政
平成28年度上半期を振り返る。主観的トピックス。

イ)当初予算(約950億円) ~ 「通いの場」、重症心身障害者(児)在宅レスパイト事業、子ども発達支援センター、ねずみ駆除、創業支援、幼小学校の増改築

ロ)6月補正予算(約2億1600万円) ~ オリパラ海外視察

ハ)9月補正予算(約7億7000万円) ~ 私立認可保育所3所新設助成、

ニ)基本構想審議会 ~ 人口20万人時代の中央区の未来とは

ホ)築地市場移転 ~ 築地魚河岸との関係において

へ)開発計画 ~ 日本橋川沿い5エリアの再開発、八丁堀駅周辺施設の再編(本の森ちゅうおう(仮称)整備計画見直し)、選手村跡地の開発
160929
今後の予定
10/11 第4回基本構想審議会
11/19 「築地魚河岸」プレ・オープン
11/25 京橋エドグラン(観光情報センター)開業

 仕舞いまでお読み頂き、ありがとうございました。今年度は、企画総務委員会に所属していますので、補正予算の審議などを通じて、区政の重要課題に取り組んでいます。後半戦も、しっかり取り組んでまいります!

今日も頑張ります!皆様も素晴らしい一日をお過ごしください!