海老原たかさとのブログ

中央区議会第三回定例会「本会議」+私立認可保育所3園開設~H28.9補正予算審議①


ポイント
・今回より、一般質問の様子が動画でご覧いただけます(録画の後日配信)。
・新たに3ヵ所私立認可保育所が開設される予定です。

皆様おはようございます!海老原たかさとです。

 9/16より、第三回区議会定例会が開会しております。
160930
 9/20、21の両日に亘り、各会派による一般質問が行われました。今回より、録画による一般質問の映像配信が始まりました。中央区のホームページに後日掲載される予定です。
160930b
そして、補正予算など9本の議案が提出されました。
160930a
企画総務委員会に付託された補正予算は、9/23に審議と採決とを行いました。
 
 私からは、
①私立認可保育所の開設準備経費補助(約4億5500万円)
②築地魚河岸用駐車場・荷下ろし場の運営(約2300万円)
の2点について質問しました。

①について(答弁者は、子育て支援課長)

Q.当初予算で4園の新設のところ、今回の補正予算で3園新設と、都合7園出来上がりますが、その動向についてお考えをお聞かせください。
A.来年4月までに定員が、491人増える。1・2歳児については、当初計画を上回った。今後も待機児童解消に努めていきたい。

Q.今回の開設準備経費補助について、国・都からも助成がでいると思うが、中央区の持ち出し分とその内訳はどうなっていますか。
A.新川「あい保育園新川」で4900万円、日本橋富沢町「かふう保育園日本橋」で3700万円、佃「ほっぺるらんど佃」で5400万円、合計1億4000万円が区の持ち出しとなっている。

Q.今般、新都知事より子育て支援に関して、更なる補助が出る可能性がありますが、中央区における影響をお知らせください。
A.事業者負担の減につながる可能性もあり、注視していきたい。

 全体の流れとしては、毎年新園を開設して、待機児童解消に向けて前進していると感じますが、おひとりおひとりのお子さん、親御さんにとっては、入所の有無は死活問題であり、そのことを心に留めて予算執行するよう要望して、質問を終えました。

 次回は、②築地魚河岸用駐車場・荷下ろし場の運営について質疑の様子を綴っていこうと思います。

仕舞いまでお読み頂き、ありがとうございました。

今日も頑張ります!皆様も素晴らしい一日をお過ごしください!